2007年12月06日

鯛のポアレとポトフ

DVC00013.JPG



今日は、料理教室にて
<鯛のポアレ(フライパン焼き)バルサミコソース>と
<ポトフ>を作ってきました。

ちなみにポアレとはフライパンで焼くという意味らしい。

ポアレにはキャベツのクリーム煮を添えてあります。


鯛はオリーブオイルで両面を焼き、キャベツとベーコンを生クリームで煮たものを下に敷き、バルサミコ酢と赤ワイン、フォンド・ボーを煮詰めたソースを周りに敷いて、ちょっとフランス料理っぽくしました。

このバルサミコソース・・最初はバルサミコ酢のすっぱさがきつかったのですが、煮詰めるほどに酸味が飛んでまろやかになっていきました。
フォンド・ボーなんぞ初めて使いましたね。
それだけでなめても、味がよく分からんかったのだけど、何かと混ぜると豊かな味わいが引き立ってきますな〜。

ポトフは、鶏肉、ニンジン、たまねぎ、ジャガイモ、ウィンナー、いんげん、ローリエをコンソメとわずかな塩、胡椒で煮ました。

基本的に素材のうまみを生かした洋風おでんという感じなんだそうです。
野菜も小さいものを、切らずに丸ごと入れていきました。

人によっては、少し薄味に感じるかもしれませんが、素材のうまみがよく分かるスープですっきり食べることができました。

どちらも、普段味わったことのない味でうまかったです。

今回は、下ごしらえが出来たものを、ほぼそのまま
放り込んだという感じなので、
どちらかというと新しい味付けを勉強できましたね☆


posted by フッチャン at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする