2015年02月14日

鮭フレークスパゲティー

NEC_0012.jpg

今回は、かなり手抜き料理ではありますけど、めちゃくちゃおいしいです。

<材料>
スパゲティー、鮭フレーク(ソフトふりかけでも可)、バター

<調理>
スパゲティーを茹でます。
茹で上がったらお皿に盛り、バターを絡めます。
最後に鮭フレークをのせて完成。

めっちゃ簡単ですがおいしいです。

今回は鮭のソフトふりかけで作ったのですが、他のふりかけとかでもいけますし、何か別にのっけるものを発見してもおもしろいかもしれません。
漬物とかでも案外いけるかもですね。

posted by フッチャン at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月11日

簡単ミートスパゲティー

NEC_0011.jpg

今回は、野菜を少し増やしたミートソーススパゲティーを作りました。

<材料>
にんじん、たまねぎ、ぶなしめじ、大根、合いびき肉、ローリエ、オリーブオイル、塩、胡椒、
ケチャップ、ローリエ、にんにく、スパゲティー

<下ごしらえ>
にんじん、たまねぎ、ぶなしめじ、大根、にんにくはみじん切りにしておく。

<調理>
フライパンにオリーブオイルをひいて、あったまって来たら、みじん切りしたにんにく、ローリエを入れる。
香りがついたら、たまねぎを入れ、ある程度焼きいろがついてきたら、にんじん、大根を入れ炒める。
ある程度火が通ったら、ぶなしめじを入れて炒める。
最後に合びき肉を適量入れ、塩、胡椒を少々入れて炒める。
ひき肉に火が通ってきたら、ケッチャップを入れ少し煮る。

スパゲティーを水を張った鍋に入れ、ゆでる。

スパゲティーが茹で上がったら、水を切り、オリーブオイルをほんの少し絡ませてほぐす。
スパゲティーを皿に盛り、上から温めたミートソースを入れて完成。

極めてシンプルで、野菜を結構入れたミートソースです。

健康のためには、トマトやホールトマトで作ったほうが良いかもしれないのですが、いろいろ試した結果、
ケチャップを使ったほうが風味が出ておいしかった。

野菜を炒めるときは、初め菜箸を使っていたのですが、仕上がりが汚くなるので、木ベラなどを使ったほうがきれいにできます。
炒め物はできたら、木ベラを使ったほうがいいですね。
もう少しおしゃれにするなら、赤ワインなどを入れてもいいかもしれません。
今回ローリエつかってますけど、別に無くても美味くできます。
また、オリーブオイルでなくてもできるので、ない場合はサラダ油とかでも大丈夫です。

入れる順番は、野菜から入れて、肉は最後に入れないと野菜に火が通ることにはクロ焦げになっているので、やはりこの順番が良いと思います。
posted by フッチャン at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月10日

簡単盛りだくさんうどん

NEC_0011.JPG

今回は、良く作るうどんです。

うどんだしも安く売っているのですが、簡単に作ることも出来ます。

<材料>
だいこん、和風だしの素(顆粒)、こんぶ(だし用)、酒、みりん、砂糖、しょうゆ、たまご(一個)
うどんあげ、天かす、水

<したごしらえ>
大根を千切りにしておく

<調理>
鍋に水を適量入れ、そこに千切りした大根、和風だしの素を適量、こんぶ(だし用)、酒、みりん、しょうゆ、砂糖を
それぞれ適量入れて、ひと煮立ちさせる。

別の鍋に水をはり、うどんを入れてゆでる。
ゆであがったら水(湯)を切り、お椀に盛る。
その間に、だしつゆにうどんあげ、たまごを入れ、たまごがあるていど固まるまであたためる。
うどんを入れたお椀に天かすを入れておく。
おつゆをうどんにかけて完成。

野菜は、他に入れてもおいしくなると思います。
砂糖は加えないと辛くてとても食べられないと思います。
またしょうゆを入れ過ぎると辛くて、食べられません。
鍋の底が見えるくらいの量にした方が無難です。
おつゆの水を入れ過ぎるとお椀に全部入らず余ってしまうので、量を考えて作りましょう。

だしはできればきちんととった方がおいしいですが、時間の無い時の作り方です。
これを応用すると、和食の煮物みたいなのは同じように作れます。

うどんは、個人的に冷凍うどんがおいしいと思います。
いろいろ好みに合わせて試してみると良いかと思いますね。


タグ:うどん
posted by フッチャン at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月07日

普通にお好み焼き

NEC_0009.JPG


今回は、結構オーソドックスなお好み焼きです。
最近では、プレートで作るご家庭が多いですが、昔はフライパンで作る家庭が多かったです。
大阪のソウルフード。

凝った作り方はあるのですが、誰でも簡単に作れるものです。

<材料>
キャベツ、卵(一個)、豆腐(5センチ角くらいで十分)、天かす、小麦粉、水、じゃがいも(小さいの一個)、だしの素、豚バラスライス

<下ごしらえ>
キャベツを適量みじん切りにする。
じゃがいもを皮をむいておろし器すりおろす。
<調理>
ボウルに、小麦粉、卵、水、だしの素、水、刻んだキャベツ、おろしたじゃがいも、豆腐を入れる。
ひたすら雑ぜてとろっとした感じに仕上げる。(水が多すぎるとさらさらになり焼けない。)

フライパンに油をしいて、加熱し、あったまってきたらボウルに雑ぜた材料をフライパンに移す。
上から豚バラスライスをのせて、フライパンに蓋をして、蒸し焼きにする。
少しして、火がある程度通ったら、フライ返しでひっくり返して、豚肉がのっている側を焼く。
また蓋をして火が通るのを待つ。
はしを通して、中まで火が通ったのを確認したら、さらに盛る。
基本は、ソース、マヨネーズを上からかけ、青海苔、かつおぶしをパラッとかける。
私は、ケチャップとからしをかけます。
これでできあがり。

今回じゃがいもを使用しましたが、やまいもを使用するのが一般的です。
じゃがいもだとほくほくした食感になるので、それはそれでおいしいです。
さといもは試したことは無いですが、多分おいしくなるんじゃないかと思います。
だしは入れないと風味がでません。
今回、粒状のだしの素を使いましたが、ちゃんとかつおでだしをとれたらその方がおいしいと思います。
とうふは、入れると口当たりがよくなります。
後、ねぎをいれたりするのもおいしいと思います。
チーズや、ちくわもいけますね。

お好み焼きは、基本的に何でもお好みで入れたらいいものなので、いろいろ試してみると良いかと思いますね。




posted by フッチャン at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月05日

海苔のクリームパスタ

NEC_0008.JPG

今日は、海苔のクリームパスタを作ってみました。
これは、乾物イタリアンという本で作りました。



なので、レシピを書くのは気がひけるので書きませんけど、アレンジしたものを作ったときにはレシピを書きましょう。
新食感ですけど、どこか食べたような不思議な味がしました。
海苔をパスタに使うというのもおもしろい発想で、気に入ったので買いました。
レシピ本の中には、なかなか材料が手に入りにくいものもあったりして断念してしまうこともあるのですが、
この本は、結構手に入りやすい材料を使っているところがいいですね。
posted by フッチャン at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月02日

簡単チーズリゾット

NEC_0005.JPG

NEC_0006.JPG

今日は、簡単に作れるチーズリゾットです。

<材料>
じゃがいも、大根、ぶなしめじ、にんじん、豚バラ、たまねぎ、スライスチーズ、低脂肪乳、バター
ご飯一膳分

<調味料>
塩、胡椒、サラダ油、コンソメ

<下ごしらえ>
たまねぎをみじん切りにする。
にんにくをみじん切りにする。
ぶなしめじを5ミリ位に切る。
にんじん、大根、じゃがいもはある程度食感を出すため、3ミリ四方高さ1センチくらいの立体長方形に刻む。
豚肉を1センチ5ミリの長方形にき刻む

<調理>
なべに、油をひき、バターも入れて、刻んだにんにくを炒める。
香りが出てきたら、たまねぎを入れて色が変わるまで炒める。
たまねぎに火が通ったら、大根、にんじんを入れる。
ある程度火が通ったら、豚肉を入れて、塩、胡椒をふり、コンソメを入れて、肉に完全に火が通ったら、
低脂肪乳を入れる。
少し煮込んだら、ご飯を入れる。
さらに、スライスチーズを2枚ほど入れて、煮込んで人煮立ちしたら完成。

これもかなりおいしいです。

今回は、低脂肪乳があったので使いましたが、牛乳を使った方がやっぱりおいしいです。
また、具材は根菜類が合うような気がします。
肉の変わりにハムでもおいしいですし、ちくわなどでもおいしいです。
このスープをパスタに使ってもおいしいですよ。



posted by フッチャン at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする