2016年09月20日

アボカド丼

今日は、晩御飯に<アボカド丼>を作りました。
160920.jpg

今晩は、本当に一汁一菜になりました。
もう一品つけてもよかったですけど。
汁は、レンコン味噌スープ。

アボカドは、極陰性でアルカリ性の食品になるそうなので、調理・・・というほどでもないですけど、醤油と塩を効かせてみましたけど、中庸に近づいたのか?
レンコンは、陽性のアルカリ性食品なので、まあまあ中和されたと考えましょう。
アボカド丼も、レンコンスープも美味い。
posted by フッチャン at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ご飯は太る?

今回は、ご飯は太る?ということで書いてみたいと思います。

最近、糖質制限ダイエットというものがあったりして、糖質を含むお米や、麺類なども控える食事が推奨されていたりします。
また、同じことかと思いますが、ご飯を少量で、おかずを大量に摂っても良いというダイエット方法などもあったりします。
なので、ご飯が太る元として摂らないという風潮が見られます。
私も一時期実践していたことがあります。

一方、食養の考え方では、逆にご飯をきちんと食べなさいと推奨しているようです。
肉食や、甘いもの、パン食を止めて、お米中心の生活をして、一か月で10キロ体重を落とした男性の例もあるそうです。
その他、ご飯食中心で一汁一菜を行えば、むしろ自然に健康的に痩せていく例は幾つもあるそうです。

どちらも減量に成功している例があるので、どちらも正しい間違っているとも言えないと思うのですが、真逆なのが面白いですね。
片や、ご飯を減らして、おかずを多くしなさいと、もう一方は、ご飯をしっかり食べて、おかずを減らしなさいということですね。
前者のおかずは、肉類もありで、後者は、肉類は厳禁であるという。

私は、後者を考えてがんばっているところです。
ご飯も以前の1.5倍から2倍くらいにしました。
しかし、まだときどき甘いものや、パン食、外食もしてしまうので完璧ではありませんが、以前ほど体重がぐんと増えてしまうことはなくなった気がします。

劇的には減っていないので、まだ何とも言えないですが、ご飯食が太る元と考えるのも早計かもしれないと思い始めました。
総量的に考えると、どちらを摂るかと言うことになるように思います。
ご飯を減らして、肉類、砂糖類、パンをとるのか、ご飯を増やして、おかずを一〜二品にし、肉、砂糖、パン食を止めるのか。
どちらも痩せる効果はあると思いますが、その後体にどう影響があるかと言うことになりそうですね。

ラベル:ご飯
posted by フッチャン at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする