2016年11月30日

ぬかのカレースパゲティー

今日は、晩御飯に<ぬかのカレースパゲティー>を作ってみました。

161130.jpg

ぬかを何とか活用できないかと、カレーを作るときの小麦粉の代わりに、ぬかを使ってみることを思いつき、作ってみました。
具は、玉ねぎ、ニラ、小松菜、ゴボウ、鷹の爪です。
これが、なかなか美味くできて、少しあちゃらのカレーの味わいがしました。
これはありだと思います。
もっと、ぬかを活かした料理を開発したいものです・




posted by フッチャン at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月25日

カロリー栄養学と食養

今回は、カロリー栄養学と食養ということで書いてみたいと思います。

西洋式のカロリー計算による栄養学が、日本でも一般的になっています。
確かに、それは計測による数値で、科学的な裏付けもあるものですが、それだけを元に計算された食事というのが、あきらかに極端なものになるのも否めません。
下手したら〇二ッ〇ーズみたいなものでも一食とできてしまうわけですから。

例えば、一日目標20〜30品目という食品を食べるのが理想とされていますが、素直に考えると、人類史上そんなバランスの食事を一定期間でもした人類がいたかというと、少し疑問も残るところです。

食養の考え方は、西洋式の栄養学を全く無視しているわけではありませんが、そこに経験則から来る独自理論を立てており、ただ数値通りの栄養を採ればよいというところから、さらに体を温めるのか?冷やすのか?
造血作用か?溶血作用か?酸化させるのか?否か?というところも考えられています。
一汁一菜が基本なので、一日数品目。
それでも、元気で働いていた日本人の事例が幾つもありますし、より実生活に近いと言えます。
けれど、カロリー計算をしていたかというと、そういうことでもないということになります。

カロリー度外視で、なんでもバクバク食べれば良いというわけではありませんが、体に入れてみて実際にどのような働きをして、どのような効果があるのかというのは、考えておく必要がありそうです。

posted by フッチャン at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月22日

鶏肉のニラニンジン巻天ぷら

今日は、晩御飯に<鶏肉のニラニンジン巻天ぷら>を作ってみました。
161122.jpg

鶏肉が余っていたので、最後のつもりで、鶏肉料理を作りました。
鶏むね肉を薄く切って、細く切ったニンジンとニラを巻いて、天ぷらにしました。

天ぷらにするのですが、ぬかを衣に使ってみるというアイデアを思いついて試してみました。
なかなか、いい感じに味がついて美味しくなりましたね。

今後、揚げ物には、ぬかを入れてみようかなと思いました。

posted by フッチャン at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月19日

かき揚げとしいたけの天ぷら

今日は、晩御飯に、<かき揚げとしいたけの天ぷら>を作ってみました。
NEC_1022.jpg

かき揚げは、ゴボウ、にんじん、玉ねぎを使い、しいたけは別に衣をつけて揚げました。
なかなかきれいに揚げられませんでしたが、なかなか美味くできました。

食が進みますね!
posted by フッチャン at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月17日

柿の春雨

今日は、貰い物の柿を使って、<柿の春雨>を作ってみました。
161117.jpg

柿を使った料理で一番に思いつくのは、やはりサラダ系ですね。
春雨をゆでて、冷水で冷やし、水気を切って、カットした柿とさみしいので、キャベツを適当な大きさに切って、投入して塩コショウ、マヨネーズを少々入れて、和えました。

シンプルに美味しかったです。
渋柿をもらったのですが、焼酎を葉のところに少し吸わせて一週間くらいすると甘く食べられるというのを、もらった時に教えていただいて、確かにその通りすると、普通に甘い柿として食べられました。
不思議ですね。
posted by フッチャン at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月16日

みそポテトマカロニグラタン

今日は、晩御飯に<みそポテトマカロニグラタン>を作ってみました。

161116.jpg

食養では、牛乳は極力使わず、豆乳もできれば、あまり使わない方が良いということで、どうにかグラタンができないだろうかと思い、味噌汁に小麦粉を入れて、トロトロすれば、グラタンのようになるのではないかと考えて、具材の、ジャガイモ、ニラ、マカロニ、こんにゃくを炒めて水を入れ、味噌を入れ、味噌汁になったものに、小麦粉を加えて、トロトロにしました。
器に盛るまでは良かったのですが、オーブンにかけると、煮込みに近い状態になってしまいました(笑)
水分がぶっ飛んでしまったのですね。
これはこれでおいしいし、胃がもたれない感じです。
そして気持ちグラタンのようにも見えました。
もう少し研究の余地はありそうですね。
posted by フッチャン at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月15日

身土不二

今回は、身土不二ということで書いてみたいと思います。

<身土不二>という言葉は、もともとは仏教用語で、今まで行ってきたことの結果と、よりどころとしている環境は、切り離せないという意味だったそうです。
ちょっと説明を受けないと分かりにくいですけどね。
食養でも採り入れられており、人間の身体と土地は切り離せない関係にあるということを意味しているそうです。
この場合は、人間の身体と土地から採れる食べ物は切り離せないと解釈ができるようです。
ですから、その土地でできたものを食べるのが健康の秘訣であるとも言われるところのものです。

たとえば、日本国内の食べ物であれば、そう変わりはないかもしれませんが、極端な話、南国フルーツなどは、とてもヘルシーなイメージがあり、最近は朝ご飯代わりにしている人もいるらしいですが、それらフルーツは、ほぼ食養で言うところの、極陰性であり、血を薄め、体を冷やすことになるので、日本人には、少々極端過ぎる食べ物といえるかと思います。
しかし、元々南国の暑い地域に住む人にとっては、体を冷やしてくれるので、最適な食べ物となります。
また、体もフルーツに適応しやすくなっているということのようです。
こういったことで、昔からその土地で食べられているものは、それなりに身体を保つ意味があるので、その土地伝統の食品を取るべきであるということが、食養では言われているようです。
posted by フッチャン at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月11日

生しいたけのペペロンチーノ

今日は、晩御飯に<生しいたけのペペロンチーノ>を作りました。

161111.jpg

食養では、きのこ類も、その栽培方法に疑問を持ち、天然もの以外は食べないようにとのことなので、唯一原木栽培ならどうかと思い、しいたけの原木栽培を買ってきて、作ってみました。
具はその他に、ゴボウ、たまねぎ、ニラ 鷹の爪を入れ、塩、醤油をよく効かせて味付けしました。

なかなか塩を効かせると食べ応えがありましたね。
美味くできました。




posted by フッチャン at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月10日

レンコン団子の甘酢あんかけ

今日は、晩御飯に<レンコン団子の甘酢あんかけ>を作ってみました。

161110.jpg

レンコン団子は後で崩れないように、しっかり目に焼き上げ、あんかけは玉ねぎ、ニラで、とろみはレンコンのしぼり汁でつけました。
普通に美味いのができましたね。
肉団子と同じような味わいでした。

ラベル:レンコン
posted by フッチャン at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月08日

カレーコロッケ

今日は、晩御飯に<カレーコロッケ>を作ってみました。
161108.jpg

ジャガイモベースの普通のコロッケですね。
カレー粉を混ぜました。
具は玉ねぎのみ。

食養的には卵も陽性の酸性食品なので使わない方が良いとされるので、衣は工夫が必要です。
そのままパテにくっつける方法もありますが、溶き小麦粉に浸してパン粉をつける方法を採用しました。
卵の風味がない分、何か風味の出そうな材料を入れ込むと良さそうな気もします。
普通に溶き小麦粉だけでパン粉をつけてもうまいと思います。

ジャガイモやカレー粉も、極陰性のアルカリ食品になるので、何かしら中庸にする工夫は必要かもしれません。
今回は、味噌汁と一緒に食べたのでOKとしました。
なかなか美味かったです。
posted by フッチャン at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月06日

ぬかの焼きコロッケ

今日は、晩御飯に<ぬかのコロッケ>を作りました。
161106.jpg

これは、若杉ばあちゃんのレシピです。
若杉ばあちゃん医者いらずの食養訓 [ 若杉友子 ]

ぬかというのを買うのが初めてだったので、どんなものを買っていいのか、最初かなり戸惑ったのですが、米ぬかだけのものが売っていたので、これを買いました。
ぬか漬け用にいろいろ入ったものもありますが、たぶんそっちは向かないかもしれません。
意外に美味いかもしれませんけどね。

本のレシピでは、水を入れるという表記がないのですが、おそらくぬかに水を足してこねないと成型ができないと思います。
ここもちょっと考えてしまいました。
味は、なんとも例えにくい味でしたが、私はありだと思います。
いかにも健康食と言う感じですけどね。
これがコロッケにできるとは、すごいですね
なんだか、なんでもコロッケにできそうな気がしてきました。
ラベル:ぬか コロッケ
posted by フッチャン at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月03日

レンコンハンバーグのロコモコ丼

今日は、晩御飯に<レンコンハンバーグのロコモコ丼>を作ってみました。

161103.jpg

具には、ゴボウとニンジン、ニラを入れ、レンコンだけど、見た目と食感は、肉のハンバーグのような感じになりました。
後、今回はレンコンを絞った汁を使って、ソースを作りました。
レンコンの汁、塩、しょうゆ、ごま油、さけ、みりんだけで、なかなかのうまさになりました。
レンコンの汁は、あまり火を通すと固まってしまうので、最後に入れて、少し火を通すぐらいにするといいですね。
オリジナルソースでの、ロコモコ丼は、なかなか美味かったです。
ラベル:レンコン
posted by フッチャン at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月01日

かぼちゃとこんにゃくのひじき煮しめ

今日は、晩御飯に<かぼちゃとこんにゃくのひじき煮しめ>を作りました。

161101.jpg

材料は、かぼちゃとこんにゃく、ひじき、油揚げをつかって、さけ、みりん、しょうゆ、しお、だしは昆布でとって、まさに煮しめて、汁がなくなるまでにしました。
しっかり、味をつけようと、ちょっとしょうゆを多めに入れてしまいしたが煮汁をなくすくらいまでにすると、これくらいがちょうどよかったですね。
食養なので、さとうはあえて使いませんでしたが、もし甘みが欲しい場合は、黒糖や、てんさい糖を使うののありかもしれません。
posted by フッチャン at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする