2016年12月28日

野菜かき揚げそば

今日は、晩御飯に<野菜かき揚げそば>を作りました。
161228.jpg

かき揚げは、ゴボウ、ニンジン、大根、大根葉を使って、衣は薄力粉とぬかで作りました。
大根葉を使ったのは良かったかもしれません。
なかなか美味くできました。

野草の天ぷらを乗せたそばも作ってみたいですね。
タグ:そば
posted by フッチャン at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月24日

ニラみそおじや

今日は、晩御飯に<ニラみそおじや>を作ってみました。

若杉ばあちゃんのレシピ集にあったやつですね。



具は、ニラのみですが、3年味噌と昆布煮だしを使いました。
ご飯は玄米の冷や飯を土鍋にいれて炊き上げ、なかなか美味しくできました。
鍋の残ったダシとか使ったら、さらに美味しくできそうですね。

味噌汁をつけましたが、おかずにするために春雨を入れてみました。
ボリューム的には、これで十分。
お酒を熱燗にしていただきました。
アルコール類の中では、お酒は米でできているので、OKなのだそうです。
寒いときは、熱燗に限ります。
posted by フッチャン at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月22日

野菜のバジルパスタ

今日は久しぶりに、オリジナル<野菜のバジルパスタ>を作ってみました。

161222.jpg

具は、ゴボウ、ニンジン、大根、小松菜、ニラ、鷹の爪で、バジルはちょっと不精して、粉バジルを使い、オリーブオイルで炒めて、割といい塩といい醤油で味を調えました。
しなしなになって味が染みた大根とニンジン、歯ごたえのあるゴボウがいい感じの食感で、なかなか美味くできました。
もっと新しい料理にチャレンジしたいですね。

posted by フッチャン at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月16日

本物の調味料

今回は、本物の調味料ということで書いてみたいと思います。

私は2年くらい前に、ふと自然食の勉強したいなと思って、ナチュラルフードコーディネーターの通信講座をとって勉強していました。
その時にも、本物の調味料と、偽物の調味料ということが書いていたのですが、もう一つピンときませんでした。
スーパーに並んでいるものでも、国産大豆使用の醤油や、味噌も売ってたりしますし、塩なども、明らかに粒も天然っぽいのも売っています。

しかし、食養を勉強するようになってから、素材だけでなく、その製法も大事なのだということにようやく目が行くようになりました。
味噌や、醤油で国産大豆を使っていたとしても、その発酵年月が短いと、味はそこそこでも、発酵食品としての効果はほとんど望めないですし、塩も原料は良くても、精製する過程でミネラル分が抜けてしまうと、ほぼ塩化ナトリウムのみの化学物質を採りいれているのに等しくなりそうです。

そういう意味で、本物の調味料と、味噌風、醤油風、塩風の調味料とがあるということになりそうです。
コストの問題もあり、全ての商品を十分に熟成させてから出荷するとなると、値段も跳ね上がりますし、製造する側も、今から仕込んで利益は3年後とかになると、大変ではあるので、仕方がないところもあるのかもしれません。
ただ、我々消費者は、そういう状況に置かれているということを認識しておいた方が良いようにも思います。
posted by フッチャン at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月13日

かぼちゃの和風あんかけスパゲティー

今日は、晩御飯に<かぼちゃの和風あんかけスパゲティー>を作ってみました。

161213.jpg

具は、かぼちゃ、ニラ、ニンジン、たまねぎ。
鍋一つでスープとパスタを煮る方法でつくりました。
和風でちょっと甘めに煮てしまいましたが、なかなか美味くできました。

posted by フッチャン at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月12日

新しいレシピ本

やっと、若杉ばあちゃんの新しいレシピ本を手に入れました。




まだ、パッと見なのですが、このまま作るとなかなかに大変ではありますね。
スーパーで売っていないであろう食材もありますし、調理も時間がかかりそう。

なるべく近づけるように工夫していきたいと思いますし、応用できるまでになりたいと思います。
今から、楽しみです。

タグ:食養
posted by フッチャン at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月11日

お漬物

今日は、生まれ育った町に用事があり、帰りに昔からよく行っていた市場へ寄ってきました。

食養を実践するにあたって、本物のぬか漬けを探していて、昔買い物をしていた漬物屋さんがやっていないものかと何度か商店街にあるお店を見ていました。
建物は残っていたのですが、古くてまだやっているかわからず、開いているときに遭遇できていませんでした。
さすがにもうつぶれたのかと思っていたのですが、今日通ってみると、何と開いていました。
まだ、やっていたのですね。
懐かしさもあり、のぞいてみると、なんと何種類かのぬか漬けがそろっていました。
子供の頃は、あんまり漬物が好きではなかったので、興味もなかったのですが、今見ると宝物がたくさん並んでいるように見えましたね。
さすがに、スーパーで売っているものに比べると、少し高めでしたが、スーパーでは本物の漬物は売っておらず、添加物で味を作っているので、それを考えると、まったく問題にならないですね。
今回は、たくあんを一本購入。

161211.jpg

なかなか、上手いなと感じました。
これから、食事がまた楽しみですね。




posted by フッチャン at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 食養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月10日

本物の味噌

今回は、本物の味噌ということで書いてみたいと思います。

味噌も普通にどこでも手に入るものですが、そこにもやはり本物の味噌と、そうでない味噌風調味料が同じように並んでいたりします。
ちょっと手持ちで表示されているものがなかったのですが、明らかにレトルトな即席みそ汁の表示を載せると
3.png

こんな感じになってます。
これは即席みそ汁ですが、普通に味噌として売っているものでも、こういった表示のものがあります。
そして、本物の味噌は、原材料に、大豆、塩などものすごくシンプルです。
こういった味噌は、まだスーパーでも、少しお高めですが手に入れることができます。

食養では、添加物が入っていないものであることはもちろんのこと、熟成期間というのも大事になってきます。
寝かせることで、大豆がアミノ酸に分解され体を温める性質に転化されるとされているようです。
1年ではまだで、2年以上は食養として使え、3年寝かせるとさらに陽性が強まるそうです。

今回私が、ネットで購入した、石井味噌の3年味噌です。

NEC_1134.jpg

こんな感じで段ボールに入ってきました。

スーパーに売っているものは、おそらく熟成期間までは書いていませんが、最高に高いものでも1年熟成させているかどうかというものではないかと思います。
そういった意味では、味噌はヘルシーということが言われますが、発酵食品としての効果がどれくらい期待できるかはわからないところかもしれません。
これから、何かが変わるか楽しみです。

posted by フッチャン at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月09日

本物のしょうゆ

今回は、本物の醤油と言うことでかいてみたいと思います。

醤油というと、どこででも手に入ると思われますが、現在スーパーで売っているものでも、本物の醤油と醤油風調味料とも呼ぶべきものが、同じように並んでいたりします。

普段原材料などを見ないで、メーカーやラベルだけを見ていると気づかないのですけどね、
どれくらいの違いがあるのでしょうか?

私が、以前購入してたものの原材料表示を見ると、

1.png

そして、最近ネット購入した、若杉ばあちゃん推薦のマルシマの醤油の表示を見ると、

2.png

下が、いわゆる本物の醤油となるわけですが、随分シンプルです。
しかし、上の方はいろんなものが添加されています。
ちょっと見比べてみても、全く違うものであることが分かります。

下の方は、原材料も、製法もこだわっているので、そこそこ値段がします。
有機純正醤油(濃口)ペットボトル入 1L【化学調味料無添加】

製法はわかりませんが、添加物が入っていないものは、少々高めですが、スーパーでもまだ手に入るようです。
これだけ中身が違うと、体に与える影響も変わりそうな気はしますね。

posted by フッチャン at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月08日

本物の塩

今回は、本物の塩ということで書いてみたいと思います。

食養を勉強するようになってから、本物の調味料と言うのを意識するようになりました。
その一つに塩があります。

塩は、精製塩と天然塩さらに再生塩に区別されるそうです。
精製塩は加熱処理などをして、ミネラル分がなくなってしまった塩で、食養では化学物質と言われるものです。
天然塩は、塩田を用いて天日で乾燥させたものだそうです。
表示に天日や平釜と書いてあるものは、自然塩と呼んで良さそうです。
逆に、イオン膜 立釜 乾燥と書かれているものは、精製塩と考えた方が良さそうです。
値段でも大体わかりますが、100均で売っているようなものは、精製塩と思って良いと思われます。
そんなに安くはできないということですね。

そういう目で、選んでみると、スーパーで売られているものは、ほとんどが精製塩ということになります。

今回、かろうじて、天日と書かれているものを買ってきました。
NEC_1131.jpg

NEC_1132.jpg

しかし、後で調べてみると、これはおそらく再生塩とよばれるもので、海外の天然塩のにがりを加えてつくられたものらしい。
でも、さらに調べてみると、日本の近辺の海水では、天日で塩を生成するのは、かなり大変で、コストがかかりすぎるということで、このレベルがスーパーで手に入るものでは、最良なものかもしれません。
1キロ消費税込みで、現在300円ちょっとくらいですね。
おそらく、この塩であれば、食養効果が期待できるものと思われます。
それくらい、現在本物のミネラルたっぷりの塩を選び取るのは、かなり低い確率といえるでしょう。
こういった塩で、適塩をしていくと良さそうです。


posted by フッチャン at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月05日

ぬかのコロッケ

今日は、晩御飯に二度目の<ぬかのコロッケ>を作ってみました。

161205.jpg

今回は、少しパテがゆるゆるになってしまったのですが、無理やり揚げてみると、ちょうど良い具合になって美味かったですね。
少し緩めにした方が、食感がちょうどよい感じになることが分かりました。
次作るときは、いりいろアレンジしてみよう。
posted by フッチャン at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月02日

F1種?

F1種という食物の種があることが言われています。
若杉ばあちゃんの著書では、ニンジンなども、自然のものは、しなびていくだけなのだけど、F1種の種から作られたものは、しなびる前に溶けてしまうということでした。

先日、スーパーの特売品として、ニンジンを買ってきたのですが、何日かして、先っちょの方が溶けているように感じて、「これは?」と思って、もったいないと思いながらも、冷蔵庫から出して放置しておきました。
ちょっと、気持ち悪いので、画像を出すかどうしようかと思ったのですが、出してみることにしました。

NEC_1114.jpg

これがF1種かどうかは、特定できませんが、若杉ばあちゃんの話が、実際にあるかもしれないと思いましたね。
たしかに、置きすぎて、しなびていくニンジンも見たことがあるので、少し驚きました。
本当なら恐ろしいですね。
posted by フッチャン at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぬかのチジミ

今日の晩御飯は、<ぬかのチジミ>を作ってみました。
NEC_1116.jpg
基本的にチジミなのですが、今回はぬかを混ぜて作ってみました。
ぬかを入れた方が、香ばしさというのか、なんだか味が濃くなって美味かったですね。
今度から、ぬかがあったらぬかを入れよう。
タグ:ぬか チジミ
posted by フッチャン at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする