2016年10月05日

電子レンジ

今回は、電子レンジについて書いてみたいと思います。

食養的に言うと、電子レンジは使わない方が良いということになっているようです。
電子レンジは、マイクロ波を照射して、分子を振動させて温めるという原理になっていますが、このマイクロ波によって、分子を引き裂き、食べ物の組成自体を変えてしまうようなのです。

食品によって、どういう変質をするのかは分からないのですが、栄養が損なわれるだけではなく、発がん性物質になるおそれもあるようです。
私がこのことを知ったのが、若杉ばあちゃんの著書ですが、
これを食べれば医者はいらない [ 若杉友子 ]

Facebokで、その危険性を訴えている人もいましたし、調べてみると安全性に問題はないという人も多数いますね。
食べ物よりも、電磁波漏れ事態を懸念する意見もあるようですね。

私も、そんなしょっちゅうではないですが、10数年以上は使い続けてきて、特に死にかかわりそうな大病もしたことがありませんでしたが、これを知ってからは、極力使わないようになりました。

電子レンジで死ぬことは、まずないと思いますが、疑わしきはまあ、控えようかと言うところですね。
ラベル:食養
posted by フッチャン at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック