2016年12月16日

本物の調味料

今回は、本物の調味料ということで書いてみたいと思います。

私は2年くらい前に、ふと自然食の勉強したいなと思って、ナチュラルフードコーディネーターの通信講座をとって勉強していました。
その時にも、本物の調味料と、偽物の調味料ということが書いていたのですが、もう一つピンときませんでした。
スーパーに並んでいるものでも、国産大豆使用の醤油や、味噌も売ってたりしますし、塩なども、明らかに粒も天然っぽいのも売っています。

しかし、食養を勉強するようになってから、素材だけでなく、その製法も大事なのだということにようやく目が行くようになりました。
味噌や、醤油で国産大豆を使っていたとしても、その発酵年月が短いと、味はそこそこでも、発酵食品としての効果はほとんど望めないですし、塩も原料は良くても、精製する過程でミネラル分が抜けてしまうと、ほぼ塩化ナトリウムのみの化学物質を採りいれているのに等しくなりそうです。

そういう意味で、本物の調味料と、味噌風、醤油風、塩風の調味料とがあるということになりそうです。
コストの問題もあり、全ての商品を十分に熟成させてから出荷するとなると、値段も跳ね上がりますし、製造する側も、今から仕込んで利益は3年後とかになると、大変ではあるので、仕方がないところもあるのかもしれません。
ただ、我々消費者は、そういう状況に置かれているということを認識しておいた方が良いようにも思います。
posted by フッチャン at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月12日

新しいレシピ本

やっと、若杉ばあちゃんの新しいレシピ本を手に入れました。




まだ、パッと見なのですが、このまま作るとなかなかに大変ではありますね。
スーパーで売っていないであろう食材もありますし、調理も時間がかかりそう。

なるべく近づけるように工夫していきたいと思いますし、応用できるまでになりたいと思います。
今から、楽しみです。

ラベル:食養
posted by フッチャン at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月11日

お漬物

今日は、生まれ育った町に用事があり、帰りに昔からよく行っていた市場へ寄ってきました。

食養を実践するにあたって、本物のぬか漬けを探していて、昔買い物をしていた漬物屋さんがやっていないものかと何度か商店街にあるお店を見ていました。
建物は残っていたのですが、古くてまだやっているかわからず、開いているときに遭遇できていませんでした。
さすがにもうつぶれたのかと思っていたのですが、今日通ってみると、何と開いていました。
まだ、やっていたのですね。
懐かしさもあり、のぞいてみると、なんと何種類かのぬか漬けがそろっていました。
子供の頃は、あんまり漬物が好きではなかったので、興味もなかったのですが、今見ると宝物がたくさん並んでいるように見えましたね。
さすがに、スーパーで売っているものに比べると、少し高めでしたが、スーパーでは本物の漬物は売っておらず、添加物で味を作っているので、それを考えると、まったく問題にならないですね。
今回は、たくあんを一本購入。

161211.jpg

なかなか、上手いなと感じました。
これから、食事がまた楽しみですね。




posted by フッチャン at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 食養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月10日

本物の味噌

今回は、本物の味噌ということで書いてみたいと思います。

味噌も普通にどこでも手に入るものですが、そこにもやはり本物の味噌と、そうでない味噌風調味料が同じように並んでいたりします。
ちょっと手持ちで表示されているものがなかったのですが、明らかにレトルトな即席みそ汁の表示を載せると
3.png

こんな感じになってます。
これは即席みそ汁ですが、普通に味噌として売っているものでも、こういった表示のものがあります。
そして、本物の味噌は、原材料に、大豆、塩などものすごくシンプルです。
こういった味噌は、まだスーパーでも、少しお高めですが手に入れることができます。

食養では、添加物が入っていないものであることはもちろんのこと、熟成期間というのも大事になってきます。
寝かせることで、大豆がアミノ酸に分解され体を温める性質に転化されるとされているようです。
1年ではまだで、2年以上は食養として使え、3年寝かせるとさらに陽性が強まるそうです。

今回私が、ネットで購入した、石井味噌の3年味噌です。

NEC_1134.jpg

こんな感じで段ボールに入ってきました。

スーパーに売っているものは、おそらく熟成期間までは書いていませんが、最高に高いものでも1年熟成させているかどうかというものではないかと思います。
そういった意味では、味噌はヘルシーということが言われますが、発酵食品としての効果がどれくらい期待できるかはわからないところかもしれません。
これから、何かが変わるか楽しみです。

posted by フッチャン at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月09日

本物のしょうゆ

今回は、本物の醤油と言うことでかいてみたいと思います。

醤油というと、どこででも手に入ると思われますが、現在スーパーで売っているものでも、本物の醤油と醤油風調味料とも呼ぶべきものが、同じように並んでいたりします。

普段原材料などを見ないで、メーカーやラベルだけを見ていると気づかないのですけどね、
どれくらいの違いがあるのでしょうか?

私が、以前購入してたものの原材料表示を見ると、

1.png

そして、最近ネット購入した、若杉ばあちゃん推薦のマルシマの醤油の表示を見ると、

2.png

下が、いわゆる本物の醤油となるわけですが、随分シンプルです。
しかし、上の方はいろんなものが添加されています。
ちょっと見比べてみても、全く違うものであることが分かります。

下の方は、原材料も、製法もこだわっているので、そこそこ値段がします。
有機純正醤油(濃口)ペットボトル入 1L【化学調味料無添加】

製法はわかりませんが、添加物が入っていないものは、少々高めですが、スーパーでもまだ手に入るようです。
これだけ中身が違うと、体に与える影響も変わりそうな気はしますね。

posted by フッチャン at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月25日

カロリー栄養学と食養

今回は、カロリー栄養学と食養ということで書いてみたいと思います。

西洋式のカロリー計算による栄養学が、日本でも一般的になっています。
確かに、それは計測による数値で、科学的な裏付けもあるものですが、それだけを元に計算された食事というのが、あきらかに極端なものになるのも否めません。
下手したら〇二ッ〇ーズみたいなものでも一食とできてしまうわけですから。

例えば、一日目標20〜30品目という食品を食べるのが理想とされていますが、素直に考えると、人類史上そんなバランスの食事を一定期間でもした人類がいたかというと、少し疑問も残るところです。

食養の考え方は、西洋式の栄養学を全く無視しているわけではありませんが、そこに経験則から来る独自理論を立てており、ただ数値通りの栄養を採ればよいというところから、さらに体を温めるのか?冷やすのか?
造血作用か?溶血作用か?酸化させるのか?否か?というところも考えられています。
一汁一菜が基本なので、一日数品目。
それでも、元気で働いていた日本人の事例が幾つもありますし、より実生活に近いと言えます。
けれど、カロリー計算をしていたかというと、そういうことでもないということになります。

カロリー度外視で、なんでもバクバク食べれば良いというわけではありませんが、体に入れてみて実際にどのような働きをして、どのような効果があるのかというのは、考えておく必要がありそうです。

posted by フッチャン at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月15日

身土不二

今回は、身土不二ということで書いてみたいと思います。

<身土不二>という言葉は、もともとは仏教用語で、今まで行ってきたことの結果と、よりどころとしている環境は、切り離せないという意味だったそうです。
ちょっと説明を受けないと分かりにくいですけどね。
食養でも採り入れられており、人間の身体と土地は切り離せない関係にあるということを意味しているそうです。
この場合は、人間の身体と土地から採れる食べ物は切り離せないと解釈ができるようです。
ですから、その土地でできたものを食べるのが健康の秘訣であるとも言われるところのものです。

たとえば、日本国内の食べ物であれば、そう変わりはないかもしれませんが、極端な話、南国フルーツなどは、とてもヘルシーなイメージがあり、最近は朝ご飯代わりにしている人もいるらしいですが、それらフルーツは、ほぼ食養で言うところの、極陰性であり、血を薄め、体を冷やすことになるので、日本人には、少々極端過ぎる食べ物といえるかと思います。
しかし、元々南国の暑い地域に住む人にとっては、体を冷やしてくれるので、最適な食べ物となります。
また、体もフルーツに適応しやすくなっているということのようです。
こういったことで、昔からその土地で食べられているものは、それなりに身体を保つ意味があるので、その土地伝統の食品を取るべきであるということが、食養では言われているようです。
posted by フッチャン at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月18日

適塩生活について

今回は、適塩生活について書いてみたいと思います。

昨今では、減塩がさけばれ、食品にも、減塩をうたっているものが増えてきました。
ある地域では、市を挙げて、減塩に取り組んでいるところもあるそうです。

しかし、食養を唱える、若杉ばあちゃん(若杉友子さん)の著書では、減塩などはもってのほかということが
主張されているようです。
もちろん、摂り過ぎはいけませんが、<適塩生活>をするようにと言われています。

塩は、水と同様に、人間には必要なものであり、造血作用があるため、塩を控えると血が薄まり、活力が低下するということです。
また、体温を上げて、免疫力を高める作用もあるそうで、減塩をすると免疫力が弱まり、病原菌や、ウィルス性の病気になりやすいそうです。
しかし、現実的に塩分の摂り過ぎで内臓機能疾患の病気になるケースもあり、塩を控えざるをえない状況と言うものもあります。
これを、食養では、肉食を常食とした場合に、塩分を摂ると、病気になると捉えており、肉VS塩という構図になっているのだそうです。
肉の常食と、適塩生活は並び立たないということになります。

現代の我々は、どちらをとるかということになると肉食をとると思いますが、食養では、肉は体の血を汚すということで、肉食を捨て、適塩を採用しているということですね。

そのため、食養では、塩をしっかり効かせる調理が多くなります。

私も、全く肉を食べないわけではないですが、以前に比べると野菜中心のレシピになってきているので、かなり塩を効かせるようになりました。
下手をすると、以前の10倍くらい使っています。
それでも、塩辛いほどではなく、ちょっと塩効いてるなと言う感じなので、以前がほぼ塩を抑えた調理をしていたのだなと思います。
ちょっと減塩を意識していましたしね。

長く続けてみないいと分かりませんが、今の所、体に無理がかかっている感じはありませんし、異常はなさそうです。
むしろ調子がいい気がします。
なので、今はどちらかというと、病気の時は、肉食の方を控えるように、<減肉>を奨めるという選択肢もあるのではないかと思うようになりました。

おそらく、減塩を奨めるお医者さんはいても、減肉を奨めるお医者さんはいないでしょう。
でも、逆にすると案外すっきり治ることもあるかもしれません。

ラベル:食養
posted by フッチャン at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月14日

きのこ類について

今回は、きのこ類について書いてみたいと思います。

きのこ類は、陰陽でいうところの極陰性でアルカリ食品になるようです。

若杉ばあちゃんの著書では、その栽培方法について指摘されていますが、私のナチュラルフードコーディネイターのテキストでも、栽培方法についての指摘があります。

若杉ばあちゃんの著書では、暗室で短期間で収穫してしまうので陰性が強いし、生命力的にどうなのかということですが、私の持っているテキストでは、菌床栽培をするときに防カビ剤を使うことがあり、これは胎児に奇形を発生させる可能性のあるTBZ(チアベンダブル)や、発がん性のあるべノミルという薬品が使われることがあるそうです。
できれば、自然に生えているものや、JAS認証の表示のあるものを購入して食べる方が良いそうです。
私もきのこ類大好きだったので、一時期毎食食べていましたが、最近は食べなくなりました。

食養という面からも、残留薬品の観点からも、少し考えて買った方が良さそうですね。

ラベル:食養
posted by フッチャン at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月10日

パンについて

今回は、パンについて書いてみたいと思います。

パンは、食養ではおおむね陰性になるようです。
イーストパンは極陰性となり、炭化雑穀パン、天然酵母パンすら結構陰性となるそうです。

元より、米食を推奨しているので、パン食をすることは考えていないようですが、炭化雑穀パン、天然酵母パンは、三角でOKだということです。

それを抜きにしても、コンビニ、スーパーに普通に売っているパンは、いろんな添加物が入っており、私もパンは大好きなのですが、最近はちょっと躊躇することも多くなりました。
保存の問題で仕方がないのかもしれませんけど、ほぼ化学物質という感じがします。

それでも、どうしてもの時は買っちゃいますけどね。
その中でもまだ添加物が少なそうなのを選ぶようになってきました。

なるべく、パンが食べたくなったら、少々高くつきますけど、焼き立てを出すパン屋の方に行こうかなと思っています。

ラベル:食養
posted by フッチャン at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 食養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月09日

チヂミ定食

今日は、晩御飯に<チジミ定食>を作ってみました。

NEC_161009.jpg

今日は、どちらかというと玄米を楽しみに作っていました。
玄米も難しいと言われていますが、炊飯器で炊けば、水少し増しで入れれば普通に炊けるので難しくないです。
土鍋でも難しくはないのですが、時間がべらぼうにかかりますね。
食養では、土鍋がベストなのですが、現代人として、玄米食を続けていくには、炊飯器も活用するべきかなと思います。
ベストではないにしろ、原理的に考えても、そんなに玄米の栄養を損なうことはないような気はします。

結構玄米美味しいですね。
甘みがある。
美味しくいただきました。
ラベル:チジミ
posted by フッチャン at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 食養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月05日

電子レンジ

今回は、電子レンジについて書いてみたいと思います。

食養的に言うと、電子レンジは使わない方が良いということになっているようです。
電子レンジは、マイクロ波を照射して、分子を振動させて温めるという原理になっていますが、このマイクロ波によって、分子を引き裂き、食べ物の組成自体を変えてしまうようなのです。

食品によって、どういう変質をするのかは分からないのですが、栄養が損なわれるだけではなく、発がん性物質になるおそれもあるようです。
私がこのことを知ったのが、若杉ばあちゃんの著書ですが、
これを食べれば医者はいらない [ 若杉友子 ]

Facebokで、その危険性を訴えている人もいましたし、調べてみると安全性に問題はないという人も多数いますね。
食べ物よりも、電磁波漏れ事態を懸念する意見もあるようですね。

私も、そんなしょっちゅうではないですが、10数年以上は使い続けてきて、特に死にかかわりそうな大病もしたことがありませんでしたが、これを知ってからは、極力使わないようになりました。

電子レンジで死ぬことは、まずないと思いますが、疑わしきはまあ、控えようかと言うところですね。
ラベル:食養
posted by フッチャン at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月03日

水について

今回は、水について書いてみたいと思います。

水は、生命にとってなくてはならないものですが、食養的に言うと、陰性にあたるそうです。
水を摂り過ぎると、体を冷やし、血を薄めてしまうことになり、活力を失ってしまうそうです。
もう一つなくてはならない塩は陽性になるようなので、ある意味陰陽バランスが取れているのかもしれませんね。

昔、学校でも運動している者に、夏場でも「水を飲むな!」という指導がされていましたが、それは体を冷やしてしまい、血を薄めて、活力が低下してしまうことを危惧してのことだったという話もあるようです。

現代では考えられないことですけどね。

肉食が当たり前になってくると、どうしても体がカッカとしてくるので、水が欲しくなるという理屈だそうです。
もちろん、水を飲まないと体温が上がり過ぎたりするので、飲まないといけないのですが、その分体も緩んで血も薄くなるということになります。
もちろん、この連鎖を止めるには、肉食を控えるということになるようですね。

実体験として、子供の頃、私もすでに肉食をしており、昔から肉食をあまりしない母が、お茶一杯で食事をするのに対し、私はがぶがぶ水を飲まないと食べられないのを見て、「よくそれだけのお茶で喉が渇かないものだな」。と思っていたのですが、そういうことなのかもしれませんね。

喉が渇くと、どうにも我慢もできないものですが、がぶ飲みすると、血が薄まったり、気力が減退する恐れもあるというのは、少し頭の片隅に置いておいた方が良いかもしれません。


ラベル:
posted by フッチャン at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月30日

果物について

今回は、果物について書いてみたいと思います。

果物については、自然のものだし、とてもヘルシーなイメージがあり、健康食として考えられているイメージがあります。

しかし、日本では、「庭に実のなる木を植えると病人が出る」という言葉もあったそうで、悪いイメージもあるようです。
食養的に言うと、果物は全般的に体を冷やす陰性、極陰性のものに当たるそうなので、常食は避けた方が良いようです。
柿などは、二日酔いに良いとされていますけどね。

特に南国産のフルーツは、イメージ的にも暑い地域の人が、体を冷やすために食べているものでもあるので、四季のある日本では、夏場は良くても、冬寒い時に食べると体が冷えすぎる傾向にあるそうです。
冷え性の人や、妊婦は特に気を付けた方が良さそうです。
ラベル:果物
posted by フッチャン at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月26日

陰陽の見た目の見分け方

今回は、陰陽の見た目の見分け方と言うことで書いてみたいと思います。

食材の陰陽というのは、ある程度見た目でわかるのだということだそうです。

そのまえに、食養における陰陽の分け方も、単に陰陽ではなく、とても陰性が強い極陰性と、とても陽性の強い極陽性もあり、細かく分ければ、もっとあるのでしょうが、極陽性、陽性、中庸、陰性、極陰性くらいのわけ方で良いようです。

大体は、色で見わけがつくようで、赤は極陽性、それから黄色、緑、青、紫と言う具合に徐々に陰性が強くなっていく傾向にあります。
しかし、これには例外もあり、トマトなどは、真っ赤ですが、中身がグシュグシュなので、陰性になるという中身の状態も関係してくるので、色での見わけ方は大まかなものと思った方が良いようです。
ピーマンも緑ですが、中身がスカスカなので陰性になるそうです。
また、植わっている状態ですが、地下で縦に伸び、地上で横に伸びているものは陽性、地上で縦に伸び、地下で横に広がっているものは陰性になるそうです。
ゴボウ、自然薯、大根などは陽性となり、ジャガイモ、サツマイモなどは陰性になるということですね。
結局のところ、結構個別で覚えることもあるようですが、大まかの目安にはなりそうですね。
ラベル:食養
posted by フッチャン at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月22日

良く噛むこと

今回は、良く噛むことということで書いてみたいと思います。

食養を実践している方たちでも、微妙に違うことを述べておられることもあるのですが、
一様に、良く噛むことというのは言われるところです。
噛むことで、良く言われる消化酵素の分泌云々や、顎を鍛える、刺激を与えることで、脳も活性化するなどの効果も期待できるとされています。

食養では、噛むことで、体全体を活性化させ、体温を免疫力が最も高くなるように上昇する効果もあるとしているようです。

さて、この噛む回数なのですが、食養では目標70回という人もいらっしゃるようです。
この回数を私も目差してみたのですが、なかなか70回と言うのは大変だと思います。
柔らかいものだと30回もいかないうちに飲み込んでしまいます。
なので、初級者は30回くらいをまず目標に食べるようにすればよいということが言われています。

ちなみに、噛めば噛むほど良いのか?という実験をしたお医者さんがいたそうで、200回くらいを毎日続けてみたそうです。
すると、集中力がなくなって、やる気が散漫になる傾向が出てくるということを報告しているそうです。
気持ちが緩み過ぎてしまうそうです。
200回も口の中に残したまま噛み続けるのは、もはや食事というより苦行になると思いますが、一度どれくらい噛めるものなのか挑戦してみるのもいいかもしれません。
posted by フッチャン at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月20日

ご飯は太る?

今回は、ご飯は太る?ということで書いてみたいと思います。

最近、糖質制限ダイエットというものがあったりして、糖質を含むお米や、麺類なども控える食事が推奨されていたりします。
また、同じことかと思いますが、ご飯を少量で、おかずを大量に摂っても良いというダイエット方法などもあったりします。
なので、ご飯が太る元として摂らないという風潮が見られます。
私も一時期実践していたことがあります。

一方、食養の考え方では、逆にご飯をきちんと食べなさいと推奨しているようです。
肉食や、甘いもの、パン食を止めて、お米中心の生活をして、一か月で10キロ体重を落とした男性の例もあるそうです。
その他、ご飯食中心で一汁一菜を行えば、むしろ自然に健康的に痩せていく例は幾つもあるそうです。

どちらも減量に成功している例があるので、どちらも正しい間違っているとも言えないと思うのですが、真逆なのが面白いですね。
片や、ご飯を減らして、おかずを多くしなさいと、もう一方は、ご飯をしっかり食べて、おかずを減らしなさいということですね。
前者のおかずは、肉類もありで、後者は、肉類は厳禁であるという。

私は、後者を考えてがんばっているところです。
ご飯も以前の1.5倍から2倍くらいにしました。
しかし、まだときどき甘いものや、パン食、外食もしてしまうので完璧ではありませんが、以前ほど体重がぐんと増えてしまうことはなくなった気がします。

劇的には減っていないので、まだ何とも言えないですが、ご飯食が太る元と考えるのも早計かもしれないと思い始めました。
総量的に考えると、どちらを摂るかと言うことになるように思います。
ご飯を減らして、肉類、砂糖類、パンをとるのか、ご飯を増やして、おかずを一〜二品にし、肉、砂糖、パン食を止めるのか。
どちらも痩せる効果はあると思いますが、その後体にどう影響があるかと言うことになりそうですね。

ラベル:ご飯
posted by フッチャン at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月19日

健康のための食事

今回は、健康のための食事ということで書いてみたいと思います。

私も数年前にナチュラルフードコーディネーターの勉強をしていたのですけど、本当に健康のための食事を考えたのは、食養の本を読んでからです。
それからナチュラルフードの勉強をしていたことの価値と、また食養との違いと言うのを意識しました。

若杉友子先生も著書で述べられているのですが、「食べ物を見直さずに運動をしても体は立て直せない」。ということですね。
これを食べれば医者はいらない [ 若杉友子 ]

サプリメントや、健康食品でも、「レモン〇〇個分のビタミンC」「ブルーベリー〇〇個分・・」など、通常では摂取できないような過剰な栄養素を謳い文句にしているものもありますが、おそらくは吸収されずに排出されるか、吸収できても体に多大な負担をかけることになるのは間違いがないでしょう。
なので、普段の食事を無理なく、栄養を採れるスタイルにする必要があると思われます。

個人的に運動方法を教える教室のようなものをしていますが、それだけで体の改善をするというのも、実の所限界があるように思えています。
やはり、体の材料となる食事を見直すということが必要であり、その上で適度な運動をすることで、健康を維持できるのではないかと思いますね。

ラベル:食養
posted by フッチャン at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月15日

有機栽培の落とし穴

今回は、有機栽培の落とし穴ということで書いてみたいと思います。

野菜を作るときは、農薬が使用されることは知られています。
もちろん、体には良くはないのですが、農家の方の努力で、減濃野菜と言って、極力農薬を使っていないものや、有機野菜のように全く農薬不使用な野菜も現在出回っていたりします。

必ずしもではないですけど、農薬を使っていないものは、害虫に食べられやすく、生産性の高さが確保しづらいため、値段は高くなる傾向にはあります。

有機栽培の野菜は、見た目もあまりよくない上に、値段も高くなるので、我々一般庶民にはなかなか手が出せないものとなっています。
ただ、見た目は悪いけど、安全ということで、有機野菜の価値が認知されていると思われます。
有機野菜の場合は、化学肥料も使わないので、牛糞や鶏糞をつかうことになるのですが、この糞が問題となるようです。
自然の草を食べて成長した、牛や鶏なら問題ないのですが、もし人工の合成資飼料であればどうかということですね。
あんまり気にし過ぎると、食べるものがなくなってしまいそうですけど。

でも、そういうこともあり得るということは知っておいた方が良さそうです。
ヘルシーだと思ってバクバク食べている野菜が、薬漬けという事態もありえるわけですね。

私もまだ、そこまではできていませんが、本気で身を守るつもりであれば、生産者、生産方法がしっかりとしたものを求める必要がありそうですね。





ラベル:食養
posted by フッチャン at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月14日

放射能に負けない体

今回は、放射能に負けない体ということで書いてみたいと思います。

私も最近まで知らなかったのですが、長崎の原爆で、爆心地からわずか1.5キロで被爆したお医者さんがいて、その方が食事を意図的に変えることにより、放射能に負けず、原爆症を患わなかったということです。
秋月辰一郎というお医者さんです。

死の同心円 [ 秋月辰一郎 ]

秋月先生の話では、放射能には塩が良いということで、さらに食養の知識から、塩を効かせた玄米のおにぎりと、塩気を効かせたみそ汁を飲めば良い、砂糖は絶対にいけないと主張し、実際原爆症を発症せず、生きながらえたそうです。

おそらくは、精製塩では効果がなく、ミネラル分を含む本当の塩だからこそなのだと思われますが、塩で放射能の害を防ぐことができるというのは、驚きではあります。
否定的な意見もあるようですが、実際に生き延びた人がいるので効果があったことは間違いがないでしょう。
単なる化学反応だけの話ではないのかもしれませんね。

大いに勇気をもらえる話だと思います。






ラベル:食養
posted by フッチャン at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする