2016年09月08日

レンコンハンバーグ

今日は晩御飯に、<レンコンハンバーグ>を作ってみました。

160908.jpg



若杉ばあちゃんのレシピから<レンコン団子揚げ>というのがあったのですが、これをハンバーグにしてみました。
作り方は、ほぼ同じです。

これに上からソース・・・・というよりスープになってしまいましたが、レンコンの汁と昆布のだし汁、塩、酒、みりん、しょうゆで作ったものをかけて、しょうがの千切りをまぶして完成。

すりおろしたレンコンに炒めた玉ねぎ、にんじんを混ぜて焼いたのですが、なかなか香ばしさが出て美味かったです。
レンコン最近一押しの食材ですね。


posted by フッチャン at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月06日

中庸トマトソースパスタ

今日は、自分なりに食養の考え方を応用して、<中庸トマトソースパスタ>を作ってみました。
160906.jpg

肉は使ってはならないので、にんにく、しょうが、鷹の爪を細かく刻み、油をいれた鍋で炒め、ニンジン、ぶなしめじ、エリンギ、なすびを入れさらに炒め、塩を適量入れ、醤油もさっと入れ軽く炒め、水、ダシ用昆布、味噌少量、カットトマトを入れ、煮込みます。
そこへ、パスタを半分に折って投入し、煮込みゆで上げます。
パスタがゆであがり、水分が適度になったら出来上がりです。

食養的には、トマト、なすび、きのこ類は陰性になるそうなので、塩、醤油、味噌など、なるべく陽性の調味料を使って中庸を目指し作ってみました。
味もなかなかにいけましたね。
パスタに合う食材が、結構陰性のものが多いようなので、工夫が必要のようですね。
posted by フッチャン at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月03日

レンコンのだんご汁

今日は、晩御飯に主催は<ゴーヤの炒め物>なのですが、汁物に<レンコンのだんご汁>を作ってみました。
160903.jpg
これは、若杉ばあちゃんのレシピからそのままです。



レンコンを擦って、汁気をとり、小麦粉、くず粉を使ってだんごを作ります。
レンコンのしぼり汁と、昆布でとっただし汁、酒、みりん、醤油を適量1:1:1で入れます。
ニンジンの千切りを入れて煮込み、レンコンだんごを入れて、ひと煮立ちさせて完成です。

レンコンを擦って作った料理は、とても体に優しい感じがしておいしいですね。
レンコンは、気管支炎の、せき、たん、心臓、肺にもいいらしい。
昔は、あまり好きではなかったですが、今はごちそうに感じますね。
posted by フッチャン at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月02日

なすと油揚げの煮物

今日は、晩御飯に<なすと油揚げの煮物>を作りました。
160902.jpg

それ以外に、<ししとうとしめじのきんぴら>、<梅干しとろろの汁>といつものサラダを作りました。
サラダ以外は、若杉ばあちゃんのレシピで作りました。




食養メニューとしては豪華版ですね。
作り方は、非常に簡単なのですが、なかなか美味しいですね。
<梅干しとろろの汁>は、梅干しを刻んで、とろろ昆布をのせてお湯を注いだだけですが、かなりおいしかったです。
こういうのを朝ごはんにすると、一日調子良さそうですね☆
posted by フッチャン at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月31日

きゅうりの味噌焼き

今日の晩御飯は、きゅうりの味噌焼きを作りました。
160831.jpg

若杉ばあちゃんのレシピであったやつです。


作り方は、塩でもんだきゅうりをごま油で焼いて、酒、味噌を加えて蒸し焼きにします。
食養の作り方は、必ず右回しに炒めるというルールがあるそうです。
これは陽の調理の仕方になるそうです。
また、きゅうりは陰性なので、塩や味噌で調理する必要がありますね。
これが、簡単なのですが、なかなかに美味かったです。
全ての野菜で、この味噌焼きいけるかもしれませんね。


タグ:きゅうり
posted by フッチャン at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

酸性とアルカリ性A

今回は、酸性とアルカリ性に続きです。

食養でも、酸性やアルカリ性の考えを採りいれているようです。
それと陽性と陰性は別と定義されるようなので、陽性で酸性の食品、陽性でアルカリ性の食品、陰性で酸性の食品、陰性でアルカリ性の食品という分類がされるようです。

なので、食養ではアルカリ性食品だから良いというわけではなくて、さらにそこで、陰陽のバランスをとる必要があるということになります。

それで、なるべく中庸にもっていくということですね。

極端な食品で言うと、肉類は、極陽性で酸性食品とされており、摂り過ぎると、血を汚し、動脈硬化、高血圧、心臓、肝臓、膵臓の機能低下を招くとされています。

極陰性の酸性食品は、砂糖などが当てはまるようです。
これは、血液を溶かして崩壊させ、静脈の流れを悪くし、胃腸の機能を低下させるそうです。

なので、肉類を摂ると、甘いものがほしくなったりして、砂糖の入っているものを摂ると、陰陽は中和されるものの、体が酸性になり、上記の病気を招く恐れがあるとされているようです。

逆に極陽性のアルカリ食品では、味噌、醤油、自然塩などがあります。
これらは、血をきれいにし、造血、再生作用、体温上昇、新陳代謝の活性などがあります。

陰性のアルカリ食品には、お酢、ゆず、すだち、レモン、コショウ、きのこ類などがあります。
これらも、血をきれいにしますが、溶血作用があるので、血を薄くし、免疫低下により病気を引き起こす原因にもなるそうです。
唯一、陽性のアルカリ食品過多での病気と言うのは、調べても出てきませんでしたが、おそらく現実的に、あまり摂り過ぎるということがないからのように思います。
おそらくは、内臓に負担がかかったり、高血圧などになることが考えられますけどね。

このように、食養では、陰陽、酸アルカリのバランスを摂り、中庸、中性を取れるようにしていくことが重要とされ、病気にならず健康を保つ秘訣としているようです。

posted by フッチャン at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月27日

ゴーヤソーメン

今日の晩御飯は、ゴーヤの炒め物をするつもりでしたが、思いつきでそこにソーメンを入れ、
ゴーヤソーメンを作ってみました。

ゴーヤと油揚げ、豆腐をごま油で炒め、塩、酒、みりん、醤油で味付け。
湯がいたソーメンと合わせて出来上がり。

160827.jpg

調味料はシンプルですが、最後に塩で微調整すると結構おいしくなりました。

ゴーヤは心臓と肝臓の薬となるらしいので、うまく摂取するようにしたいですね。
posted by フッチャン at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月25日

大根のステーキ

今日は、晩御飯に大根のステーキを作ってみました。
160825.jpg




以前にも作ったことがあるのですが、今回は若杉ばあちゃんレシピで作ってみました。
副菜はかぼちゃのサラダ。

大根の料理は、消化を促し、胃腸の調子を整える働きがあるのと、がんの予防に役立つと言われているそうです。
大根は、ゆでた後、ごま油で両面を焼き、酒、みりん、醤油で照り焼き風にします。
ちょっとアレンジで塩を少々降ったら、これがなかなかうまくなりました。
今回はやらなかったですが、昆布とかといっしょにゆでるとほんのり味が染みて、美味くなりそうです。


posted by フッチャン at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月24日

かぼちゃのコロッケ

今日の晩御飯は、かぼちゃのコロッケを作ってみました。

160824.jpg

あと、茄子の味噌汁、キャベツ、きゅうりのサラダ、豆腐です。

かぼちゃのコロッケは、3回目くらいなので、いい感じで作れるようになってきました。
衣は、卵とかつけない、油も大量に使わない調理法で作りました。
具も、かぼちゃとにんにく、味付けは塩コショウのみのシンプルさでなかなか美味くできましたね。
食養に沿っているかは、微妙なラインですが、なかなかのヘルシーメニューですね。

posted by フッチャン at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月23日

茄子のステーキ

今日は、晩御飯に「茄子のステーキ」を作ってみました。

160823.jpg

これも、若杉友子の「一汁一菜」医者いらずの食養生活 [ 若杉友子 ]
のレシピからです。

作り方は簡単で、茄子を焼いて、醤油で味付けし、上からしょうが、しそ(今回は梅しそ)を細かく刻んで、のっけるだけ。
これがなかなか美味かったです。
茄子は、極陰性の食材なので、本醸造のしょうゆで中和する基本通りです。

後は、かぼちゃの味噌汁と、豆腐のサラダで、結構満足感のある食事ができました。
posted by フッチャン at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月14日

豆乳雑炊

1608131 (2).jpg

余った豆乳が思ったよりも量が多く、処理しきれないので、雑炊を作ってみました。
具は、しめじのみで、塩で炒め、かつおだしの素を入れ、ご飯、豆乳を入れて煮込み、器に盛って、のりをちりばめました。

リゾットに似たようなものですが、やっぱりダシが違うと別物になります。
これで何とか、冷蔵庫のものをすべて使い切りましたね。
タグ:豆乳
posted by フッチャン at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月13日

豆乳のカレーリゾット

1608131 (1).jpg

豆乳を使ったカレーリゾットを作ってみました。
材料は、たまねぎ、鶏むね肉、しめじ。
後しょうがまだ、たっぷり残っていたので、しょうがをすりおろしました。

たまねぎは、みじん切り、鶏むね肉は、小さく角切り、しめじは3分割くらいにして、塩コショウをして炒めます。
火が通ったら、ご飯を入れ、豆乳を投入。
しょうがをすりおろし、鶏スープの素、カレー粉を入れて煮込んで完成。
今夏は、上からパセリをふりかけました。

しょうがとカレー粉を入れると、本格的なカレーという感じがします。
かなりおいしいです。

posted by フッチャン at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月11日

豆乳のしょうがクリーム パスタ

160811.jpg

そろそろ今ある食材を使ってしまわないといけないので、同じような材料を使っての調理をしています。
しょうがが案外残っていたので、しょうがを大量にすってニンニクとともにいため、玉ねぎ、豚肉、しめじを一緒にいため、塩コショウをする。
豆乳を入れて、スープを作り、スパゲティーを入れ煮込む。

出来上がりに、のりをかけて完成。
しょうがを結構入れたから、へんな味になるかと思ったけど、なかなかいい感じになりました。
のりを入れたのは思い付きでしたが、なかなか合いましたね。


タグ:豆乳
posted by フッチャン at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月10日

お好み焼き豆乳入り

160810.JPG160810.JPG

今日は、晩御飯に<お好み焼き 豆乳入り>を作りました。
山芋がなかったので、買ってきても良かったのですが、何か代用できるものはないかと調べてみました。

中にはズッキーニが代用できるという情報もあったのですが、さらに入手困難と思い、さらに調べてみると、「豆乳を入れるとふんわりと仕上がる」。というものがあり、豆乳は先日買ってきたばかりだったので、試してみることにしました。
結果としては、これは美味しい!
ホントにふんわりと仕上がり、食感が良くなります。
関西の人は、<笑い焼き>というお好みをご存知の方もいると思いますが、そんな感じのふんわりしっとり感が出てきます。
お試しあれ!
posted by フッチャン at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月08日

エリンギと高野豆腐の鶏肉巻き豆乳クリーム煮

今日は、晩御飯に<エリンギと高野豆腐の鶏肉巻き豆乳クリーム煮>を作りました。
160809.JPG

まず、エリンギと、高野豆腐を細めに切ります。
鶏むね肉をできるだけ薄くスライスして、小麦粉をまぶして、エリンギと高野豆腐を巻きます。
巻きが解けそうなら、つまようじを刺しておきます。
フライパンに油を敷いて、これを焼きます。
ある程度火が通ったら、弱火にし、鶏スープの素をまぶして、豆乳を適量投入。
少し煮込んで、ひと煮立ちさせれば完成。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

おうちで乾物イタリアン [ 日高良実 ]
価格:979円(税込、送料無料) (2016/8/8時点)




「おうちで乾物イタリアン」のP64を参考にしました。
かなりアレンジしましたけどね。
posted by フッチャン at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月14日

鮭フレークスパゲティー

NEC_0012.jpg

今回は、かなり手抜き料理ではありますけど、めちゃくちゃおいしいです。

<材料>
スパゲティー、鮭フレーク(ソフトふりかけでも可)、バター

<調理>
スパゲティーを茹でます。
茹で上がったらお皿に盛り、バターを絡めます。
最後に鮭フレークをのせて完成。

めっちゃ簡単ですがおいしいです。

今回は鮭のソフトふりかけで作ったのですが、他のふりかけとかでもいけますし、何か別にのっけるものを発見してもおもしろいかもしれません。
漬物とかでも案外いけるかもですね。

posted by フッチャン at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月11日

簡単ミートスパゲティー

NEC_0011.jpg

今回は、野菜を少し増やしたミートソーススパゲティーを作りました。

<材料>
にんじん、たまねぎ、ぶなしめじ、大根、合いびき肉、ローリエ、オリーブオイル、塩、胡椒、
ケチャップ、ローリエ、にんにく、スパゲティー

<下ごしらえ>
にんじん、たまねぎ、ぶなしめじ、大根、にんにくはみじん切りにしておく。

<調理>
フライパンにオリーブオイルをひいて、あったまって来たら、みじん切りしたにんにく、ローリエを入れる。
香りがついたら、たまねぎを入れ、ある程度焼きいろがついてきたら、にんじん、大根を入れ炒める。
ある程度火が通ったら、ぶなしめじを入れて炒める。
最後に合びき肉を適量入れ、塩、胡椒を少々入れて炒める。
ひき肉に火が通ってきたら、ケッチャップを入れ少し煮る。

スパゲティーを水を張った鍋に入れ、ゆでる。

スパゲティーが茹で上がったら、水を切り、オリーブオイルをほんの少し絡ませてほぐす。
スパゲティーを皿に盛り、上から温めたミートソースを入れて完成。

極めてシンプルで、野菜を結構入れたミートソースです。

健康のためには、トマトやホールトマトで作ったほうが良いかもしれないのですが、いろいろ試した結果、
ケチャップを使ったほうが風味が出ておいしかった。

野菜を炒めるときは、初め菜箸を使っていたのですが、仕上がりが汚くなるので、木ベラなどを使ったほうがきれいにできます。
炒め物はできたら、木ベラを使ったほうがいいですね。
もう少しおしゃれにするなら、赤ワインなどを入れてもいいかもしれません。
今回ローリエつかってますけど、別に無くても美味くできます。
また、オリーブオイルでなくてもできるので、ない場合はサラダ油とかでも大丈夫です。

入れる順番は、野菜から入れて、肉は最後に入れないと野菜に火が通ることにはクロ焦げになっているので、やはりこの順番が良いと思います。
posted by フッチャン at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月10日

簡単盛りだくさんうどん

NEC_0011.JPG

今回は、良く作るうどんです。

うどんだしも安く売っているのですが、簡単に作ることも出来ます。

<材料>
だいこん、和風だしの素(顆粒)、こんぶ(だし用)、酒、みりん、砂糖、しょうゆ、たまご(一個)
うどんあげ、天かす、水

<したごしらえ>
大根を千切りにしておく

<調理>
鍋に水を適量入れ、そこに千切りした大根、和風だしの素を適量、こんぶ(だし用)、酒、みりん、しょうゆ、砂糖を
それぞれ適量入れて、ひと煮立ちさせる。

別の鍋に水をはり、うどんを入れてゆでる。
ゆであがったら水(湯)を切り、お椀に盛る。
その間に、だしつゆにうどんあげ、たまごを入れ、たまごがあるていど固まるまであたためる。
うどんを入れたお椀に天かすを入れておく。
おつゆをうどんにかけて完成。

野菜は、他に入れてもおいしくなると思います。
砂糖は加えないと辛くてとても食べられないと思います。
またしょうゆを入れ過ぎると辛くて、食べられません。
鍋の底が見えるくらいの量にした方が無難です。
おつゆの水を入れ過ぎるとお椀に全部入らず余ってしまうので、量を考えて作りましょう。

だしはできればきちんととった方がおいしいですが、時間の無い時の作り方です。
これを応用すると、和食の煮物みたいなのは同じように作れます。

うどんは、個人的に冷凍うどんがおいしいと思います。
いろいろ好みに合わせて試してみると良いかと思いますね。


タグ:うどん
posted by フッチャン at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月07日

普通にお好み焼き

NEC_0009.JPG


今回は、結構オーソドックスなお好み焼きです。
最近では、プレートで作るご家庭が多いですが、昔はフライパンで作る家庭が多かったです。
大阪のソウルフード。

凝った作り方はあるのですが、誰でも簡単に作れるものです。

<材料>
キャベツ、卵(一個)、豆腐(5センチ角くらいで十分)、天かす、小麦粉、水、じゃがいも(小さいの一個)、だしの素、豚バラスライス

<下ごしらえ>
キャベツを適量みじん切りにする。
じゃがいもを皮をむいておろし器すりおろす。
<調理>
ボウルに、小麦粉、卵、水、だしの素、水、刻んだキャベツ、おろしたじゃがいも、豆腐を入れる。
ひたすら雑ぜてとろっとした感じに仕上げる。(水が多すぎるとさらさらになり焼けない。)

フライパンに油をしいて、加熱し、あったまってきたらボウルに雑ぜた材料をフライパンに移す。
上から豚バラスライスをのせて、フライパンに蓋をして、蒸し焼きにする。
少しして、火がある程度通ったら、フライ返しでひっくり返して、豚肉がのっている側を焼く。
また蓋をして火が通るのを待つ。
はしを通して、中まで火が通ったのを確認したら、さらに盛る。
基本は、ソース、マヨネーズを上からかけ、青海苔、かつおぶしをパラッとかける。
私は、ケチャップとからしをかけます。
これでできあがり。

今回じゃがいもを使用しましたが、やまいもを使用するのが一般的です。
じゃがいもだとほくほくした食感になるので、それはそれでおいしいです。
さといもは試したことは無いですが、多分おいしくなるんじゃないかと思います。
だしは入れないと風味がでません。
今回、粒状のだしの素を使いましたが、ちゃんとかつおでだしをとれたらその方がおいしいと思います。
とうふは、入れると口当たりがよくなります。
後、ねぎをいれたりするのもおいしいと思います。
チーズや、ちくわもいけますね。

お好み焼きは、基本的に何でもお好みで入れたらいいものなので、いろいろ試してみると良いかと思いますね。




posted by フッチャン at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月05日

海苔のクリームパスタ

NEC_0008.JPG

今日は、海苔のクリームパスタを作ってみました。
これは、乾物イタリアンという本で作りました。



なので、レシピを書くのは気がひけるので書きませんけど、アレンジしたものを作ったときにはレシピを書きましょう。
新食感ですけど、どこか食べたような不思議な味がしました。
海苔をパスタに使うというのもおもしろい発想で、気に入ったので買いました。
レシピ本の中には、なかなか材料が手に入りにくいものもあったりして断念してしまうこともあるのですが、
この本は、結構手に入りやすい材料を使っているところがいいですね。
posted by フッチャン at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする